屋根塗装

丁寧な下地処理と標準3回の重ね塗りで
美しく、より長持ちする屋根へ生まれ変わります。

塗料にはそれぞれ役割があり、千葉塗装では一般的に屋根塗装は3回塗りを標準仕様としておすすめしています。
直接屋根塗料を1回塗装して終わるケースも見かけますが、これは剥がれや変色の原因となります。
また塗装前の電動工具を使用した素地調整(ケレン)や高圧水洗浄などの作業も重要で、これらの事前作業を怠れば、
後々塗装が剥がれるなどの大きなトラブルに繋がります。そのため千葉塗装では下地処理も細心の注意を払い丁寧に作業しています。

千葉塗装 一般住宅屋根塗装
千葉塗装 一般住宅屋根塗装
千葉塗装 一般住宅屋根塗装
千葉塗装 一般住宅屋根塗装
千葉塗装 一般住宅屋根塗装
千葉塗装 一般住宅屋根塗装
previous arrow
next arrow
Slider

屋根塗装の流れ

一般的な屋根塗装の作業工程は、下地処理から上塗りまで大きく5つの工程を経て完成となります。

STEP1

素地調整

グラインダーやサンドペーパーで全面素地調整をします。もちろん錆を除去する為ですが、実は塗料がくっつきやすくする為に、細かい傷を付けています。

STEP2

高圧水洗浄

屋根の上には埃が結構堆積しています。これらを除去しないと埃の上に塗装しても、すぐに剥離してしまいます。しっかりと汚れを洗い流し、塗装前の準備は完了です。

STEP3

錆止め(プライマー)塗装

最近の屋根材はガルバリウム鋼板という素材が主流で、アルミニウムや亜鉛が含まれていて錆が発生しにくい素材です。そのかわり塗料もくっつきにくい為、素材に合わせて塗料を塗り重ねていきます。接着剤替わりとも言えます。

STEP4

中塗り塗装

上塗りと同じ塗料を中塗りとして塗装します。(2回目の塗装)

STEP5

上塗り塗装

中塗りの上に再度塗装します。しっかりと塗装し厚みを確保することで、屋根用塗料本来の性能が発揮されます。(3回目の塗装)

FINISH

施工完了

作業が完了した時点でお客様にご確認いただき、問題が無ければ施工完了となります。

塗料の種類と耐久年数

屋根塗装に使用される塗料は種類によって特長があり、耐久年数や価格も違います。
塗装面積や屋根の形状などによっても費用は大きく変わってきますので、
御見積もり段階でお客様とご相談しながら、ベストな塗料を選択する形となります。

塗料 特長 耐久年数 コスト
1液タイプ
シリコン樹脂塗料
現在一般的に広く使用されている塗料でしょう。費用対効果に優れ、カラーバリエーションも豊富です。 5~7年 ★★
2液タイプ
シリコン樹脂塗料
弊社で主に使用する塗料です。硬化剤が入ることで、塗装膜の強度が上がります。雪害にも強くなり、耐候性も長持ちします。 6~8年 ★★★
遮熱塗料 夏場の屋根の表面温度は60~70度ともいわれます。屋根の表面温度を下げ、室内温度を下げる目的で使用し、省エネ効果を期待します。 6~8年 ★★★★
ふっ素樹脂塗料 塗料界での最高級塗料です。高価なものですが、退色やツヤ落ちが少なく長く美観を維持します。 10~13年 ★★★★★

最大5年保証で
アフターも万全

(一社)日本塗装工業会員だけの大きな安心、ペインテナンスキャンペーン塗膜性能保証書を発行し、最大5年間保証しています。施工後毎年末ラッセンのカレンダーを配布しながら経過観察をし、お客様の声を伺いながらアフターサービスに努めています。

屋根塗装お見積もり無料!ご相談だけでもかまいませんので
お気軽にお問い合わせください。
TEL.0175-24-1445

受付時間:8:00~17:00 (月曜~金曜)